愛知県 春日井市 八田町 竹中歯科がリニューアルオープン!「たけなか歯科クリニック」予防歯科・小児歯科・義歯(入れ歯)

tel:0568846700
診療案内

一般歯科小児歯科予防歯科義歯(入れ歯)矯正歯科

一般歯科

痛みの少ない虫歯治療、
再発しない歯周病治療を行います。

虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う事などです。当院ではレントゲンを撮影したり、口腔内カメラを使用したりして各患者さまの歯の健康状態や治療方針を患者さまに丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。

虫歯治療
虫歯や歯周病はごく初期段階のもの以外、自然治癒しません。治療を先延ばしするほど悪化してしまいますので、早めの受診が大切です。
歯周病治療
自覚症状なく進行し、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。日本の成人の約8割が歯周病にかかっていると言われています。

小児歯科

自分の歯で一生を過ごすための、
生え変わりを重視した治療です。

小児歯科治療の最大の目的は「自分の歯で一生を過ごす事」です。小さい頃から早急な対策をしておくと、健康な永久歯が育成され、虫歯になりにくい歯にすることができます。歯科医院でのお手入れはもちろんですが、家庭でも虫歯を予防する積極的な習慣を実践してください。
大人でも歯医者に行くことは怖いものであり、まして歯医者が初めてのお子さまは何をされるのかわからず非常に緊張してしまうので、少しずつ歯医者に慣れてもらいながら治療をすすめます。

母子感染

生後半年~2歳半の間に、虫歯菌であるミュータンス菌は大人の口移し等で乳児へと感染していきます。その際、親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、あるいは小児が蔗糖をたくさん摂取している場合に感染がおこりやすいとされています。一旦感染してしまうと「虫歯にかかりやすい体質」になってしまい、一生虫歯菌と付き合わなくてはなりません。
特に出産前の方は、これから生まれてくる子どものために自分の歯に関心を持ち、常にお口の中を清潔に保つことが大切です。逆に、その期間に気をつければそれだけで「虫歯になりにくい歯のまま」で成長するのです。

予防歯科

予防歯科の目的は、お口の健康を維持し
美しい歯を育てることです。

予防歯科とは、生活習慣病である虫歯や歯周病を毎日の歯みがきで改善していくことです。当院では、健康な歯の自己管理を目的として定期検診で正しい歯みがきの方法や歯みがきのポイント等をお伝えしています。
虫歯予防の基本はなんといっても歯みがきです。虫歯の原因は歯垢です。歯垢をしっかり取り除く歯みがきをするのが最大の虫歯予防法です。色々な歯みがきの方法が指導されていますが、1日1回でもよいから、正しく確実に磨くことで歯みがきの効果はあがります。

歯ブラシの大きさの目安
仕上げみがき用 ・乳歯の生えはじめに保護者がみがいてあげる歯ブラシ
・乳歯のデリケートな歯肉を傷つけないやわらかめの毛のかたさで保護者がペングリップで持ちやすい形
乳歯期用 ・乳歯期の自分みがき用の歯ブラシ
・小さい歯にぴったりの大きさで子供が持ちやすい太さ
生えかわり用 ・永久歯に生えかわる凸凹のある歯並び用
・第一大臼歯に届きやすいネックの長さ
中高生~成人用 ・成長期の中高生や小さい口の方・歯並びの悪い方用
・ブリッチや孤立した歯のまわりもみがきやすいヘッドの大きさ
・歯と歯グキの境目等をみがきやすい3列植毛標準サイズ
・少し大きめのヘッドサイズタイプ(4列植毛)
安全な歯ブラシを使いましょう

家庭用品品質表示法では、「柄の材質」「毛の材質」「毛の硬さ」「耐熱温度」の表示を義務づけられています。パッケージの表示を確認して購入するようにしましょう。
また、毛のかたさは「ふつう」、毛の材質はナイロン、柄の材質はポリプロピレン、耐熱温度は80度のものがおすすめです。
歯肉が弱いという人、また歯肉炎などで歯肉から出血しやすいという場合は、「やわらかめ」の歯ブラシでていねいにブラッシングしてください。歯肉出血などが改善されましたら「ふつう」の歯ブラシへ変えていくとよいでしょう。

正しい歯みがきのコツ

歯垢がつきやすく磨きにくい場所を意識して丁寧に歯を磨くことが予防に繋がります。まず「歯と歯茎の境目」がポイントです。この部分はくぼみになっていて、汚れがたまりやすい部分です。「上の奥歯の外側」と「上下奥歯の内側」も磨き残しをしやすく歯垢がつきやすい部分です。磨いるつもりになりがちですが、歯ブラシが届きにくいので意識して磨くことが大切です。また、歯ブラシでは磨けない部分には、歯間ブラシ、デンタルフロス、部分磨き用歯ブラシなどの補助器具で虫歯予防をお勧めしています。

義歯(入れ歯)

入れ歯が痛い、うまく話せない…
そんなお悩みをお聞かせください。

虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。
入れ歯は保険治療ではプラスチックのものしか選ぶことは出来ません。プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。自費治療の入れ歯は、様々な材料があり、より快適で体に優しいものがあります。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

矯正歯科

悪い歯並びは歯磨きしにくく、
あらゆる病気、老化を引き起こします。

歯並びをきれいに整える治療です。主な治療法としては、歯の表面にブラケットという金属を接着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。矯正する事で、歯を削ることなく、口周りの見栄えや顎にかけてのバランスも美しく整います。
たけなか歯科クリニックでは、プラスチック製の目立たない矯正器具を歯に装着し、それをワイヤーでつなぐことで徐々に歯の位置をずらしていく、という治療方法で歯の並びを綺麗にしていきます。また、治療期間が1~2年と長期にわたりますので、定期的な通院が必要になります。

COPYRIGHT TAKENAKA DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.